生命保険の歴史の中で当初生命保険がうまくいきませんでした、最初死亡保険は年齢によって保険料の差がなかったのです

死亡保険の保障額と保険料

死亡保険の保険料は年齢によって差があって当然です。

皆さんはハレー彗星をご存じだと思います、発見した人の名を取って名づけたのですが、その発見者エドモンド・ハレーは生命保険においても画期的な役割を演じました。「ハレーの生命表」と言われるもので、統計学的に年齢による死亡率を割り出したのです。生命保険の保険料の算出は3つの要素から産出されます。費差率、利差率、死亡率です。保険料算定には死亡率は重要な要素を占めているのです。17世紀にイギリスにできた牧師たちが集まって組織した香典組合が生命保険の元祖と言われています。牧師たちが集まってお金を出し合い、亡くなった牧師の家族に香典を支給したのが死亡保険の始まりです。しかしそれはすぐに解散してしまいました。なぜなら老いた牧師も若い牧師も負担は同じだったのです。当時は若い人も老人も死亡する確率が同じだったわけではありません、現代と同じで、老人の方がしむ確率は高かったのです。若い牧師ら不満が出てそれで解散してしまいました。若い人と老人で出し合うお金、つまり保険料のことですが、それに年齢によって差をつければよかったのです。今では死亡保険の保険料は年齢によって差を付けることは当たり前です。これはハレーの生命表ができたおかげです。若い人でも早くに亡くなる方もいれば、老人でも一考にあの世にいかない人もいます。個々を見ていけば全く法則性はないように思えても、多くのデーターを集計することによって一定の法則性が出来上がります、それが「ハレーの生命表」であり死亡率です。生命保険はこのデーターによって事業化できたのです。


Copyright(c) 2017 死亡保険の保障額と保険料 All Rights Reserved.