両親が死亡保険について話し合っているのを聞いたとき、保険料にためらわない姿を見て、愛情を感じました。

死亡保険の保障額と保険料

死亡保険の保険料を気にしない両親

「できるだけ補償の多いものにしようか」という父の言葉に、母は大きく頷いていました。私はこの2人の様子をたまたま見てしまったことから、両親が私を愛してくれているということを、大いに感じることになりました。これは以前、私がアルバイトから夜遅くに帰宅したときに見た出来事です。私は日頃、学校を終えてから直接アルバイトに行っていて、その帰宅はいつも10時くらいでした。しかし、その日はお店が忙しく、12時をまわってしまっていたのです。私はこのとき、もう帰宅しても両親は寝ているだろうと思い、そうっと家に入っていきました。するとリビングから、両親の話し声が聞こえてきたのです。はじめはその内容が理解できなかったものの、よくよく聞いていると、死亡保険に加入しようという相談をしていました。そして父が「できるだけ補償の多いものにしようか」と、母に言ったのです。補償が多いということは、もちろんその分保険料も多くかかるということでした。しかし、母もそれに賛同していました。死亡保険というのは、もしものことがあった場合、残された家族に対しての補償がなされるものです。私には兄弟がおらず、もし両親がいなくなってしまえば、一人ぼっちになるのです。そんな私を想ってか、両親は早々と死亡保険について話し合ってくれていたのでした。私はこれを知ったとき、両親の愛情を感じてしまい、何も声をかけることができず、ただただ感謝をしていました。


Copyright(c) 2017 死亡保険の保障額と保険料 All Rights Reserved.